TNGC’s blog

たにぐちの日々のメモ帳

TUFS ~異文化肯定(?)の場~

こんばんは、本日2度目の記事です。

 

 

先週ちょうど春学期の期末試験が終わりました。

 

もちろん東工大には春学期というものはなく、私がその時いたのは東京外大です。

 

 

 

それにしても四大学連合の制度で受ける他大学の授業は面白いですね。

 

今回は東工大生から見た外語大での3か月間を振り返ってみようかと思います。

 

         f:id:phi496:20180718210502j:plain

 

 

 

 

キャンパスの雰囲気

 

建物が乱立してなく緑も多いので落ち着きますね。

 

 キャンパスの周りにはあまり商業施設がないせいかとても静かです。

 

   f:id:phi496:20180718210536j:plain f:id:phi496:20180718210540j:plain

         

ちなみにほとんどの建物は1枚目の写真中央の円形回廊と接しており、雨の日はそれを屋根にすることで建物間を傘を差さずに移動できるという優れもの。

 

ちなみに円形回廊の上を歩くと2枚目の写真のような感じ。晴れの日の散歩は楽しいですよ♪

 

 

当然ですが外国人留学生も多いので、キャンパス内を眺めていると本当に多種多様な人がいて面白いなあと。

 

講義等には仕切りのない学習スペースがいくつもあり、うるさすぎず静かすぎない環境での自習や課題消化はとても良いものでした。

 

 

 

驚いたこと

 

やはり言語ですね。

 

学食兼カフェテリアで空きコマ中に本を読んでいたら隣に外国人の集団が座ってきて、いきなりよくわからない言語で雑談し始めた時はビビりましたね……

 

あと府中キャンパスのすぐ近くには武蔵境があり、そこが聖地となっているアニメSHIROBAKOを知っている人が割といました(ファンとしては嬉しい)

 

 

 

履修した授業

 

イディッシュ語の授業を取りました。

 

○○語といっても、文法のみならずその土地・民族・文化も一緒に学ぶようなものです。これに関しては他の言語でも同じでした。

 

授業を受けていく中で気付いたんですが、外語大は言語を習得するのもそうだけど、異文化を知りたいという目的で入った人がとても多く、英語ができないけど○○の文化が知りたくてやっとこさ入ったって人までいるのだとか(たぶんここでいう英語できないは東工大生の数学出来ないってのと似てる気がするけど)

 

 

ところでグループごとにプレゼンをしなければならなかったのですが、東工大生だからって理由でなぜか理系の話をすることになりました(´・_・`)

 

外国語大学で理系トークしてウケが悪いんじゃないかと思ったのですが、いざやってみるとそうでもなかったですね。

というより発表後に質問が割と出たのは嬉しかったし、数学とかが苦手って言いながらも最後まで興味持って聞いてくださったのはとても良かったというか。

 

 

 

 

 

この3か月通っていて、やはり(自分のような理系大学生含め)違うタイプの人間と接するハードルがかなり低い感じがしました。

 

私も見習ってこれからの大学生活の1つの指針にしたいなと思います。

 

後期はどの大学に行こうかなあ。

 

 

 

 

 

 

それでは

 

 

 

金を払わずに入る美術館は楽しいか? ~美術館・博物館へ行こう~

こんにちは、TNGCです。

 

このブログを見て下さっている(特に関東圏の)大学生の方にお得な情報を書こうかなと思います。

 

 

 

大学の博物館・美術館とのパートナーシップをご存知でしょうか?

 

多分「自分の大学名 美術館 パートナーシップ」って調べれば出てくると思います。

 

例えばこんな感じ

www.titech.ac.jp

 

 

東工大の場合、

以上が割引の対象です。

 

具体的には

  • 常設展の入場料がタダ
  • 特別展の入場料が600円ほど安くなる(1000円以下では入れる)

って感じです。

 

 

 

ちなみに先週の休日にこの制度を利用して東博と科博に行ってまいりました。

 

展示物はかなりあるのですべてじっくり見るのは厳しいですが、タダという利点を生かしてさらっと眺めるという見方でも問題ないのはいいですね。

 

 

 

大学生は9月いっぱいまで夏休みってことも多いでしょう。

 

9月の平日のミュージアムはかなり空いているので、混雑を気にせず快適に観覧できます。

 

この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

そういえば大体の大学生はそろそろ夏休みに入るらしいですね。

 

私の大学はまだ期末試験一週間前にすらなってません(´・_・`)

 

 

 

 

それではまた

 

学問の境界 ~気の向くままに学ぶ~

TNGCです。


現時点で学部2年ですね。青二才の私が今考えていることをまとめてみます。

 

 


自分が今やりたいことは防災に関連することです。もしかしたら明日には変わっているかもしれません()


ただ、今はそれに向けて何かしらの勉強をしています。

 

 


防災というのは、台風や地震、火山などへどう対応するかですね。


原因となるもの、例えば暴風なら気象学だし、地震なら地震学、ざっくり言えば地球科学が必要となります。


それらに対して何らかの知識、知恵があれば対策ができるということです。


そしてそれを運用するのが工学ですね。都市工学とか建築学もそうですし、応用化学も必要かもしれません。

 

 


最初勉強していた頃はこれぐらいだと思ってました。いや、もしかしたら地球科学の知識だけで良いと思ってたかもしれません。

 


でもよくよく考えてみるともっと別の、例えば人文科学、社会科学も絡んできます。

 

災害時にどう動くか考察する際は(災害)心理学が必要ですし、心理学自体は社会学も関連してきます。


言うまでもなく法学も関連しますし、災害による影響を考えると経済学も関連しますね。

 

 


一つの事象に対してこれだけ様々なことが絡むってことが、大学に入って一番痛感したことかもしれません。逆に実は〇〇学というのは形式上の名称であって、学問間の境目って割と曖昧なのかも。

 

 


私の周りにも「〇〇という(具体的な)問題に取り組みたい」って人はそれなりにいますが、単一の分野をやるだけで、いろんな領域にまたがる人はあまり見たことないですね。


もしかしたらそんなにいろんな領域にまたがるってわけではないのかもしれませんが、それにしても少ないような。


もっといわゆる文系科目に比重を置いている人がいて良いと思うんですよ。

 

 


まあ他人のことは置いといて、自分はこれからもいろんな分野をぶらぶらと楽しみつつ学んでいこうかと思います。

 

 

 

新たな発見と喜びが得られますように。

 

 


ではまた

好きを言葉にするということ

どうもこんばんは、オタクです。

 


オタクの定義ってなんでしょうね。

私は「趣味にどっぷり浸かってる人間」のことだと思います。


じゃあ趣味の定義は?とか言われたらこれまた困るんですが。(そのため割愛)

 

 

 

ところでさっき蔵前立志セミナーというものに参加してきました。

東工大のOB・OGの方の講演を聞いて、それについてグループディスカッション。終わったら懇親会という名の立食パーティーですね。

 


懇親会が楽しみで毎回参加してます。

講師の方に質問はもちろん、いつもと違う雰囲気のせいか気軽にOB・OGの方や教職員の方に質問したり話を聞けたりするので面白いんですよ。

 

 


ですが今回は逆に私から話す機会があったんです。四大学連合のこととか、哲学研究会の話とか。

 


話してる時に感じたんですが、どうやらツイッターでそれらが楽しいってことを私が言ってたことが関係して私に質問してくださったようですね。

 

 


ゼミや学問とかに限らず、オタク趣味とかそういった類も含めて、好きという気持ちをただ持つだけではなく、それを言葉にして発信することで見えてくるものが沢山あるんだなあって改めて思いましたね。


言葉にすることによって知り合った人もいろいろいるわけだし。

 

 


ゼミというものは1人じゃできないし、趣味も他人と共有することで知識や楽しみが増えるわけだし、そういう意味で人間関係は大切だなあと。

 

 

 

好きを表現することでまだまだ出会いがあるんじゃないかと思うと楽しみですね🤗

 

 


明日も趣味を楽しめますように。


おやすみなさい。

「社会を舐めてる?」 〜社会学をやってみる〜

どもーTNGCです。

 

 

私はツイッターをやってるのですが、私のフォロー欄を見ると色んなジャンルの人がいます(きららオタク、万年筆界隈、浪人生、科学オリンピック、社畜などなど)

 

色んな人がいれば、色んな独自の(??)ワードがTL飛んでくるわけで、その一つが「社会を舐めてる?」です。


これは立派なクソリプです。変なツイートをしたらこのリプが来ます。略して「社?」って来ることも。

ちなみにこの場合は「平和にしようや」若しくは略して「平」と返しましょう。なんでかは知りません(´・_・`)

 

 


ところで「社会」ってなんだろう? その謎をあきらかにすべく我々はアマゾン奥地へ向かった。

 

 

 

(´・_・`)アマゾンに行く前に社会学の本を見ました。

 

www.yuhikaku.co.jp

 

それに社会はすぐそこにありそうです。どうやら社会は人と人との相互作用のことを指すっぽくて、例えば電車の中のような狭い領域においても社会というものが見られるようです。

 

なんか数万人単位の人間がいて、そこからなんかよくわからないけど社会ができているってわけではなさそうですね。

 

 

 

というわけで社会学を勉強しています(ちなみに理由はこれ以外に沢山ある)

社会ってなに?って言われた時、その説明が具体的ではないが故か、逆に幅広い分野に関連付けられそうですよね。

 

 

 

ちなみに大学での専攻である地球科学って気象、海洋、地震などなどといった様々な分野があるためいろんなことができる気がするんですよ。例えば防災工学とか環境工学とか都市工学とか。

 

 

社会学にも同じような香りが漂っていて、これから学んでいくことで何が得られるか楽しみですね🤗

 

 

 

社会学がんばるぞい!

赤方偏移とダイエット

どうも、TNGCです。

 

赤方偏移についてご存知でしょうか?

その前にまずドップラー効果について話しましょう。

 

 

 

ドップラー効果

 

ドップラー効果、ご存知の方も多いと思います。

救急車が近づくときと遠ざかるときとで音が変わるアレです。

 

ちなみに波全般についてこれが成り立つので、当然光でも成り立ちます。

要するに遠ざかると赤い方向へ、近づくと青い方向へそれぞれ波長がずれるってこと。

 

 

 

寿司

 

寿司、美味しいですよね

 

ところでマグロのネタが赤いのはなぜでしょうか?

この疑問を解決するのがドップラー効果です。

簡単に言えば寿司が我々から遠ざかっているので赤く見えるって話。

 

でもよーく考えてください。

寿司は遠ざかってるにもかかわらずなんでシャリは白いのでしょうか?

 

実はこれは矛盾なく解決できて、実はシャリは元々青色なんだと。

そうか、米は青い植物だったのか……

 

 

ダイエット

 

ところで青色の食べ物は食欲を減退させる効果があります。

ダイエットしている人にはいい方法かもしれません。

 

といっても、世の中青色の食べ物ばかりではないし、食べるたびに青色の着色料をかけるのも面倒…

 

しかし、ドップラー効果を使えば解決できるのでは?

 

食べるときに食べ物を高速で口に運べば我々には食べ物は青色に見えるので、食欲減退の効果が見込まれるかと。

 

もし今ダイエット中の方がこの記事を読んでいらっしゃるのなら、次の食事から実践してみるのはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

ところで寿司食べたいですね。誰か回る寿司屋行きません?

 

 

 

 

 

Roseliaの転換点というべきあの日 ~BanG Dream! 5th☆LIVE day2 -Ewigkeit-で感じたこと~

どうも、TNGCです。

 

今回はBanG Dream! 5th☆LIVE day2 Roselia -Ewigkeit-の感想を書こうかと(やっと気持ちの整理がついたのでね)

 

 

 

当日はいつも通り起きたんですが、秋葉原で飯食って幕張という流れに。飯の前にローソンに寄って花園たえのアナウンス(通称玉音放送)が聞けたのはよかったですね。おたえというより中の人の印象が強かったですが。

 

 

着いたら法被着てるオタクを2人ほど観測。「着る機会ないやろ」ってことで買うつもりは皆無だったのですが、見た目が強そうなので物販にダッシュして買ってしまいました。なんともチョロいオタクですね(´・_・`)

 


そうこうしてるうちに連番相手と合流したのでいざ会場へ。

 

 


オープニングアクトはday1同様THE THIRD(仮)
カバー曲もオリジナル曲どれも脳死でブチ上がれていいですね。

 

 

 

オープニングアクトが終わり、Roselia来るぞ〜とか呑気に構えてたらいきなりONENESSとDetermination Symphony、不意打ちで死んでしまいました(1回目)

 

続くMCの後はカバーメドレー。
Roseliaは曲数がかなり増えた(←増え方が頭おかしい)のでメドレーで少し時間短縮かなーって思ってたんですが、その後にまさか深愛をフルで初披露するとは思いませんでした。

この曲、確か遠藤ゆりかさんが引退を発表した次の日に実装された曲で、曲の追加の仕方的にも明らかにそれを意識していたかと。ここで泣き出してしまい、キモいオタクとなりました(´・_・`)(ていうか小指立てて歌う友希那ほんまズル)

 

幕間映像でいつものお笑い酒豪パリピ集団を見せつけたRoseliaですが、流石にあいあいとくどはるが酷かったなあ()

 

それにしても次にLOUDERと熱色を打っ込むとは思わなかったんだ……
でもLOUDERは友希那の父親のカバーなので、カバー曲の続きのつもりだったんやろか。

 

で、ここからが今回のメインである軌跡とRe:birth day

友希那(役のあいあい)がMCの最後に曲名を告げてからずっと泣いてましたね(2回目)サイリウム全く振れなかった…良くない……
この二曲ってRoseliaの転換点の直前と直後を表した曲だと思うんですよ、歌詞見れば。
軌跡もそうですが、Re:birth dayを1番深く感じられた瞬間だったので、これだけでも今回のライブに来た甲斐がありましたね。準必修の巡検をブッチして正解やったな。

 

そして最後に-HEROIC ADVENT-
Roseliaのストーリーに関わる曲ではないですが、とにかくボルテージMAXになるのでさっきまでの涙も吹き飛ばしてサイリウム振り回しまくって楽しかったなあ。

 

 

最後って言ってその後アンコールとなるわけですが、あまりそこら辺の区切りが無かったような……
ヒロイック終わって例の茶番収録見せられて気づいたらアンコールですね。

そしてここでNeo-Aspect来るのは薄々気づいてたとはいえ、まさかMV入れて来るとは思わなかった……
バンドストーリー第2章を知らない状態ではこの歌詞を私は「ゆりしぃがいなくなった後の新生Roseliaを描いたもの」と捉えてて、またここで号泣(3回目)
タイトル通り(?)か知らないけど、あいあいが他の今までの曲と違う表情で歌ってたり、新しい振り付けをしていたり、そう言った部分も見所。
ていうかMVで紗夜が笑顔でコーラス歌ってるのズルいでしょ…

 

 

そしてBLACK SHOUT
2番までは普通だった。ラスサビ直前が最強すぎた。
「なんで曲止まったんや?」って気付いたと同時に次のリサ役(の中島由貴さん)が現れて新旧リサ役の6人で演奏するという演出。Roseliaの原点とも言える曲でベース2人の計6人での演奏ってバトンタッチの瞬間ってわけで、このライブでしか見られない唯一のBLACK SHOUTだなあ。

 

 

新リサ役の発表を終え、ここからが本番。
といっても直前のMCなんて覚えてる暇ないですよ、いつかこの曲が来るってわかっていてもやはり気持ちが追い付かなくて、とうとうリサゆきでのタイトルコール。

 

序盤でめぐちが泣き出したこと、曲が終わってくどはるが自分のミスを何度も泣いて謝るところ、実感が湧かず泣いてなかったあけさんが円陣で泣きだすところ、泣かないと決めていたのにあいあいが最後涙ぐみながら話すところ、そして最後までずっと笑顔のゆりしぃ。キャスト一人一人の言葉と表情とでもらい泣きして理性が蒸発。

 

でも、「11人のRoselia」、この言葉で救われた気がします。
キャラだけではなくキャストも一心同体。そして引退してもゆりしぃが遺したものはこれからも永遠に引き継がれるという意味。
ただキャストが新たに入ってきただけで、誰1人欠けていないって意のこのワンフレーズが聴けてとても安心しました。

 

 

 

いやあ、マジでこの神セトリ考えたやつ頭おかしいでしょ。
私が選考委員だったらその人にノーベル平和賞をあげたいですね。

 

 

 

というわけでRoseliaのライブには初参戦でしたが、色んなものを一気に感じ過ぎたライブだと思います。本当にこの為に様々なものを賭けた甲斐があったなあ()

 

 

 

ちなみに陽だまりとその後のキャストの挨拶(とあいあいの罰ゲーム)を聴いて打ち上げ会場にオタクダッシュをキメたわけで、その打ち上げの話も記事にしたいわね。

 

 

 f:id:phi496:20180527212552j:plainf:id:phi496:20180527212300j:plain

(↑ところでこれはライブ直後の私のお気持ち)

 

 

 

今更ですが、遠藤ゆりかさんお疲れ様です!そして中島由貴さん、よろしくお願いします!

 

もちろん、これまで以上にRoseliaを応援していきたいです!

 

これからもがんばRoselia!!!