TNGC’s blog

たにぐちの日々のメモ帳

好きを言葉にするということ

どうもこんばんは、オタクです。

 


オタクの定義ってなんでしょうね。

私は「趣味にどっぷり浸かってる人間」のことだと思います。


じゃあ趣味の定義は?とか言われたらこれまた困るんですが。(そのため割愛)

 

 

 

ところでさっき蔵前立志セミナーというものに参加してきました。

東工大のOB・OGの方の講演を聞いて、それについてグループディスカッション。終わったら懇親会という名の立食パーティーですね。

 


懇親会が楽しみで毎回参加してます。

講師の方に質問はもちろん、いつもと違う雰囲気のせいか気軽にOB・OGの方や教職員の方に質問したり話を聞けたりするので面白いんですよ。

 

 


ですが今回は逆に私から話す機会があったんです。四大学連合のこととか、哲学研究会の話とか。

 


話してる時に感じたんですが、どうやらツイッターでそれらが楽しいってことを私が言ってたことが関係して私に質問してくださったようですね。

 

 


ゼミや学問とかに限らず、オタク趣味とかそういった類も含めて、好きという気持ちをただ持つだけではなく、それを言葉にして発信することで見えてくるものが沢山あるんだなあって改めて思いましたね。


言葉にすることによって知り合った人もいろいろいるわけだし。

 

 


ゼミというものは1人じゃできないし、趣味も他人と共有することで知識や楽しみが増えるわけだし、そういう意味で人間関係は大切だなあと。

 

 

 

好きを表現することでまだまだ出会いがあるんじゃないかと思うと楽しみですね🤗

 

 


明日も趣味を楽しめますように。


おやすみなさい。